Skip to content

スキーのバスツアーのちょっとした注意点

スキーは大変楽しいレジャーですが、荷物は多いしゲレンデまでの交通の便はあまりよくないし、結構面倒くさいことも多いのが実情です。車で行くとスキー前後に運転をしなければならず、とても疲れてしまいますね。でもバスツアーならそういった問題を解決してくれますよ。バスツアーには朝発と夜発があります。

朝発は7時前後に出発する便が多いです。大抵は土曜日の朝に出発し、1泊して日曜日に戻るというプランで利用します。1つ注意が必要なのは、冬の関越道、上信越道など多くのゲレンデが近辺にある高速道路は非常に渋滞します。ですので、予定では昼ぐらいにゲレンデに着く予定のプランでも、渋滞のためにその日1日もう滑ることができないこともあります。

土日の2日間をフルに滑りたいと考えている人にはおすすめできません。夜発は22時前後に出発し、早朝5~6時前後に到着する便が多いです。以前と違って現在の深夜バスは前方もカーテンをしめて真っ暗にしてあったり、シートが広くなっていたりかなり快適になっています。夜発だと1日だけ滑るプランで利用する人も多いようです。

夜発で注意する点は、早朝にゲレンデに着いた後過ごす場所があるかどうか、ということです。ゲレンデによっては休憩所を深夜や早朝から開けている所もありますし、宿によってはその日宿泊する人に部屋を開放してくれる所もありますが、まったく休憩する所がないゲレンデもありますので、必ずその点を確認しないと真冬の早朝に凍えてオープンを待つという悲惨なことになりかねません。スキーのバスツアーはとても格安で便利なものです。事前の準備をしっかりして、賢くお得に利用したいものですね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です